道場紹介

指導理念

〜学校では学べない一般道場での教育〜

1.悟訓と拳讃の心得

二代宗家の教えである悟訓と冬木清風先生の拳讃を通して物事に真剣に取り組む意味と和と感謝の気持ちを学び引いては礼儀の大切さを教えます。
さらに練習成果の発表の場として年二回の対外試合に参加し、目標を達成する喜びを通して自分に自信をつけさせます。

2.幅広い年齢層が作り出す正しい上下関係と愛しみ

練習中は年齢に関係なく先輩が後輩に技の指導をする場面もあり、先輩としての自覚が自信を持たせます。
園児から一般社会人まで幅広い年齢層が一緒に練習して行くことで、常に身近に理想、目標が存在し各人が自覚と責任感で自立心を培います。
特に一人っ子が多い現代では、この関係が人格形成に大いに役立ちます。

3.少林拳に流れる武術と活法の考え方

武術は、本来敵より身を守るための術で、身体の弱い者でも、己の身体を強化する法と、経脈、経穴を使って相手を痛める方法などがあり、女性子供でも自分の身を守れる護身術でもあります。
正しい姿勢と体幹の鍛え方を学び、呼吸法を学ぶことで基礎体力をつけ運動の苦手意識をなくせます。
更に、武術としての身体の力の伝え方や動かし方を学びます
(重心、ひねり、うねりの力、弓歩、持ち上げの力、発勁、震等)
また、東洋医学を元に身体の調子を整たり、怪我や骨折の治し方、更には仮死者の気付け法を教えた活法も、わが流派にも継承されています。
氣功と武功・・・氣功とは呼吸法により健康な体つくりをする方法ですが、武功は呼吸法により身体の力を強く発揮する方法です。共に呼吸がもたらす身体への影響が体系化されたものです。

4.演武指導の目的

・基本拳を練習する目的

 この型は体幹と重心を意識して左半身と右半身、上半身と下半身の運動するときの力のバランスを鍛え、基本の突き、蹴り、猿臂を練習する為の型です。
さらに、この基本となる身体の本能的な連係動作を、意識することで身体にその動きが潜在的に刷り込まれ、少林拳の基本動作を覚えることができるのです。

・団体拳を練習する目的

二代森實宗家が作った型で、我が少林拳の特徴的な型です。地蛇の勢に始まり地蛇の勢に終わり、身体の持ち上げの力とひねりの力の伝え方を使い、手足をあたかも蛇の鎌首のごとく飛ばし、また引き戻して攻撃、防御するもので実践を想定した型です。
さらにこの型は一人でも練習できますが、10名、20名はたまた100名の団体でも一つの号令の下、同じ動作を行い団体の美を醸し出すことのできる型で、中四拳につながる型です。

・高四拳を練習する目的

この型は、東西南北の四神を祝い、拳門を開く型と言われている。
すなわち、ここからが本能だけでなく、少林拳の理論を学ぶための型となります。
その技は、左右の腕が同時に別々の方向に動いたり、手と足を同時に動かしたり、その連携を時間差で動かしたりする。
少林拳の根底に流れる攻防一体の理論と前後、上下と左右のバランスを身体に教え込む為の型です。

・掌拳を練習する目的

この型は長拳基本功を取り入れたもので腰を中心に体を垂直から両手両足を天地に開き鳥獣類の闘争法を取り入れたもので、体幹からの力の伝え方と重心移動を学ぶ基本の型です。

・一字拳を練習する目的

清朝末期に少林北派拳より派生した拳で、中華民国の初期、華僑がマレーシアに伝えその後急速に発展しました。
直線的来去が自在でその攻防の実用性から一字拳と命名された。
またその技は水鳥のひょうひょうと遊ぶ姿がそのまま防御と攻撃の姿を表わす。張克治老師が伝えた型を基礎としています。

・中四拳を練習する目的

この型は初代末永節が辛亥革命を支援した後、褚明誼が志那全土の武道家を集めた際、徒手空拳の一部として見聞し、後日初代が考案された型です。
仮想の敵16人を13秒以内で戦い、技の的確さと速度を養う肉体錬磨を目的としています。

・酔拳を練習する目的

五台山清凉寺に伝わる魯智深の体技とされ、1912年中華民国政府の武術の統率者であった褚民誼氏より送られた秘書「魯智深拳譜」を解読し伝わるものです。
その技は酒に酔った身体から吐息法によって酒の気を抜こうとするもので、金剛身を作ろうとする剛の型であり。同時に身体のうねりと発勁を覚えるための型です。

・開山拳を練習する目的

同じく魯智深拳譜に記載されるの体技を解読し伝わるものです。
師より罪を許され入山できる喜びと師に再会する緊張を表現したもので、吸う息吐く息の調和を図り柔らかく優雅な動きの柔拳です。ただ酔拳と同様の身体のうねりと発勁を教えた型です。

・瘋魔杖を練習する目的

杖法は棍法と同じ五台山清凉寺に伝わる緊那羅王が伝えたとされる108路棍法の一つを深得しこの杖を創ったといわれ、瘋魔杖と呼ばれています。
その技は「迅速猛々しく、猛虎の山を出が如く、而して集めるは天魔散花の如也」と云われる様に、この杖は気力胆力備わらざる者に使うことはできないとされ。この錬成により気力胆力を養うことを目的としています。

・気高拳を練習する目的

この型は中華民国に於いて二高拳の翼とよばれ、吸う、吐く、息の鍛錬法から始まり、技は天、人、地に分かれ、動作はレーダーにより敵を探索するが如くゆっくりとした動作の中で敵の位置を感知するや即座に反撃する武功と呼ばれる力の使い方を学ぶ型である。
また、相手の力を受け流す方角の理論と間合いを学ぶ型です。

教室案内