TOP

悟 訓

一、全てに、和を重んじ、敬真愛恩の道をふみ、心して人の道を尊び、寸秒の怠惰は、心の強敵と心得べし。
一、人の短は、責め言う勿れ、己の長は誇るなかれ、言うも言わざるも、天、自から知ると心得べし。
一、日月星辰、春夏秋冬、一歩も順を誤らず、人の善悪の理、自ら来ると心得べし。
一、己の修行と希望は、常に足らざるを思い、己の得たるものは、常に満足となし、真に生きる事を心得べし。
一、我が道は、至り得て帰り来たれば別事なし、廬山は、煙雨、浙江は潮の如しと心得べし。
                           二代 宗家 作

拳 讃

人は文武によってのみ 人となることが出来る。
人間形成の場である道場こそは若き魂の満ちあふれる 武道の殿堂である。
いそしめ拳士 励めよ同士
師を愛し 父母を讃ゆる
そこに美しき 友愛の花は咲く
十年後 二十年後の人材は ここにはぐくまれ
平和と文化の源泉は ここに培われる
いざ 開け 拳の道を オゥ!
                           冬木 清風 作